はじめに

今回の記事は骨転移に対する放射線治療中に生じるフレア現象と骨折について解説をしています。この2つを知っているかどうかで理学療法士をはじめとしたリハビリ専門職も運動療実施時の対応も異なってきます。

今回の内容で特に知って欲しいことは骨転移に対する放射線治療によって骨折リスクもあるということです。つまり離床にも影響してくるということです。

がんの患者さん、そして骨転移を有する患者さんと接することが多い理学療法士の方にはぜひ読んで欲しい記事になっています。

今回の記事はYouTubeでも紹介をしていますので、耳からも勉強できるようになっていますのでコチラもどうぞ。

フレア現象とは

どういうものなのか?

骨転移に対する放射線治療による有害事象は数多くあります。粘膜炎、皮膚炎、悪心、嘔吐、下痢や骨髄抑制、そしてフレア現象と骨脆弱性・骨折です。

その中でもフレア現象とは有痛性の骨転移に対して外照射あるいは内照射を開始してから数日以内に一過性の疼痛増悪を認めることを言います。

フレア現象は10日程度の短期間で放射線治療前のベースラインまで回復するとされています。このフレア現象の発生と放射線治療後の疼痛緩和には相関はありません。

フレア現象の発生機序は放射線が照射された骨周囲に浮腫が生じるためではないかと推測されています。フレア現象に対するデキサメタゾン の予防投与の有効性(Chow E ,et al.2015)が報告されています。

理学療法士が注意すべきことは?

こうした特徴を持つフレア現象に対して理学療法士も適切に関わる必要性があります。理学療法士なども放射線治療開始直後の患者さんを担当した際に、一時的に疼痛が強くなってもフレア現象である可能性があることを念頭に関わりましょう。

患者さんから不安を訴えられる場合は、こうした説明も必要になるでしょう。

放射線治療後の骨折とは

放射線治療後に骨折が起こることもまれではないということが明らかになっています。骨折はやはり理学療法士も関係が深いものなので、しっかりと知っておきましょう。

なぜ骨折が生じるのか?

放射線治療と骨折の関係性は、放射線治療の直接作用による成熟骨組織の骨芽細胞が障害を受けるためです。それによってコラーゲン産生の低下、アルカリホスファターゼ活性低下などが引き起こされることが骨折につながるとされています。

このような変化がみられるのは30グレイが境界であると言われています。また細胞死は通常の分割照射において50グレイで発生します。

また晩期障害における放射線誘発性の血管障害などもあるため、複合的な要因により成熟骨の構造的脆弱性が発生し、骨折に繋がるとされています。

どのようながんに発生しやすいのか?

放射線治療による骨折は子宮頸がんなどの婦人科がんや直腸がん、前立腺がん、肛門管がんの患者さんに多いとされています。

しかしながらその原因は放射線治療単独によるものとは断定しにくく、年齢や体重、合併症、化学療法の使用などの多くの要因が絡むため非常に複雑であるとされています。

この放射線治療に伴う骨折の発生率のハザード比は1.65~3.16と報告されています。

上図は放射線治療後の骨折について調査された文献をまとめたものになります。骨折の好発部位は骨盤や大腿骨、腰椎などになります。

こうした放射線治療後の骨折の出現時期は照射後5~44ヶ月後である(Oh W,et al.2008)とされています。かなりの幅がありますよね。

理学療法士が注意すべきことは?

リハ中の患者さんの変化に注意

放射線治療を受けている患者さんは非常に多いですが、先ほどの報告にあるようながんの患者さんを担当する時には骨折の発生については注意をした方が良いと思われます。

特に離床、歩行訓練などを行うことが多い理学療法士は、荷重骨である骨盤、大腿骨の疼痛の変化に、そして腰椎の病的骨折が生じた場合に考えられる麻痺の発現には注意をしましょう。

退院後の生活動作の指導が特に必要

放射線治療後の骨折発生時期は5~44ヶ月後だという報告がありました。ということは自宅退院後などに骨折が発生しやすいかもしれないのです。

そのため理学療法士が注意をしないといけないことは入院期間中だけ気をつければ良いというわけではないということです。

放射線治療後のがんの患者さんに対して理学療法士が行うべきこととして動作指導があります。自宅退院後の生活の中で骨折を生じさせることがないよう、起居動作やしゃがみ込み動作などにおける基本的な動作指導を行うことが求められます。

さいごに

放射線治療中・後に問題となる有害事象にフレア現象や骨折があることを解説してきました。またそれらに理学療法士として関わる時にどのようなことに注意をすべきかについて解説をしてきました。

有痛性骨転移に対する放射線治療の疼痛緩和効果は永続するものではなく、中央値が5~6ヶ月程度である(Steenland E,et al.1999)ということも言われています。こうした骨転移に対する放射線治療の疼痛に対する効果の限界に関する知識も必要になると思われます。

がんの患者さんの病態は非常に様々なので、理学療法士として関わる中で悩むことも多いと思いますが、1つ1つ知識をつけながら地道にいきましょう!

放射線治療を受けている患者さんに対して理学療法士として注意すべきことっていっぱいあるんですね

そうだね。骨転移に対する放射線治療中の患者さんをこれから担当する時にはしっかりと関わりたいね。

参考文献

骨転移診療ガイドライン
https://amzn.to/3gOShC4

がんのリハビリテーション診療ガイドライン第2版
https://amzn.to/3qLgAFz

がんのリハビリテーション(標準理学療法学・作業療法学・言語聴覚療法別刊)
https://amzn.to/37d60iU

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA