はじめに

がんの患者さんを担当する時に、良く見かけるのが「骨転移」ではないでしょうか。骨転移の発生頻度はがんの種類によってはかなり高く、理学療法士などのリハ専門職も注意して関わる必要があります。

そんな骨転移の発生メカニズムについてどれくらいご存知でしょうか

がんの骨転移の発生機序について今回は簡単に解説をしていきます。腫瘍細胞は自分自身では転移する力はありません。

腫瘍細胞から放出される物質が、本来骨のリモデリングに関係している破骨細胞や骨芽細胞を活性化させることで転移巣を形成します。

こうした発生メカニズムをちょっとでも知っているかいないかで臨床思考も深まります。

今回の内容はYouTubeチャンネル「リハビリ・ラボ」でも紹介していますので、時間がない人は耳だけでも勉強可能!
https://youtu.be/vUQRwMq0KNw

腫瘍細胞の転移までの流れ

臓器で発生している腫瘍細胞がなぜ、骨に転移するのでしょうか?どのようにして転移するのか、まずは大まかに知りましょう。

そもそも、なんで骨に転移するんだったか知ろう!

腫瘍細胞は以下の流れのように骨転移を形成します。

がんの骨転移は原発巣からの遊離に始まり、血管内への侵入、標的臓器への着床から適応、増殖までの複合現象だと言われています。

血行性に転移することから造血などを積極的に行っている赤色骨髄に転移しやすいと言われています。だから長管骨にも転移がしやすいのですね。

このような過程を経て、骨に転移をして行く訳ですが、腫瘍細胞そのものには自分自身で骨吸収をする力はありません。

その為、元来骨に備わっている破骨細胞と骨芽細胞をうまく活用することで転移巣を完成させるとされています。

ヘ〜、細胞そのものには骨に転移する力はないんだね!

骨転移の発生メカニズム

遊離から着床にいたる訳ですが、腫瘍細胞そのものには転移巣を形成する力はありません。

では、どうしたら転移巣が形成されるのでしょうか。

なんだか・・・ややこしいですね・・・

そんなこともないぞ!答えは至って簡単!シンプルだ!要は破骨細胞や骨芽細胞をうまく活用しているんだ!

腫瘍細胞と言うのは、破骨細胞の形成や活性化を促進させる因子を放出しています。

それがPTH-rP(副甲状腺ホルモン関連蛋白)やプロスタグランジン、IL-1,6、TNF-αです。これらが破骨細胞を活性化させることで、骨吸収が促進されるようになります。

ここで話は終わりではなく、この骨吸収の際に骨基質から溶け出したCaやIGF-1などは腫瘍細胞の増殖のために活用されるようになっています。うまいこと出来ていますよね。

破骨細胞を活性化させて骨吸収を促進させるだけでなく、その骨吸収の際に骨基質から放出された物を自分の増殖のために使用するというすごく上手いサイクルで出来ているのです。

自分では骨吸収が出来ないから、破骨細胞を利用するのか〜上手いこと出来ていますね。

そうだよね、でもそれだけではないんだよ。実は骨芽細胞をも上手く利用しているんだ。

腫瘍細胞から放出されるPTH-rPは骨芽細胞を活性化させ、骨芽細胞からはRANKLが放出されます。

このRANKLがまた破骨細胞に働きかけるような仕組みになっているので、骨吸収は進んでしまうことになっています。

このような過程を経て、骨転移が完成するという訳です。

骨転移の治療

骨転移に対する治療は骨修飾薬や鎮痛薬の使用、放射線治療が行われることが多いです。

この骨修飾薬に今回は少しだけ最後に触れておきましょう。

骨修飾薬はこの悪循環を止めてくれる働きがあります。破骨細胞の活性化を止めて破骨細胞による骨吸収を抑制する働きがあるため、骨転移を生じさせにくくします。

ただし1度、骨転移が生じてしまったら完治することは困難です。一部のがんを除いてほぼ完治は困難です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。骨転移の発生機序などを知っていても直接役に立つと言う訳ではないかもしれませんが、血行性に骨に転移するんだな、そして骨のリモデリング作用を活用して転移が行われるんだなと言うことを知っておくと骨転移は「誰でも起こりうる可能性があるもの」だということが分かるかと思います。

またYouTubeチャンネル「リハビリ・ラボ」ではリハビリに役立つ情報をアップしていきます。チャンネル登録・いいねを宜しくお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCHYNawWdiaTG4lHfix93meA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA