はじめに 【この記事をオススメする方】 全ての理学療法士 がん患者と関わる機会の多い医療従事者 がん患者は近年、増え続ける一方です。その原因の1つに深刻な高齢化が挙げられます。今、医療現場では多くのがん患者さんが入院をさ

はじめに 2020年の8月号の総合リハに「血液腫瘍・造血幹細胞移植」というテーマで井上順一郎先生らの記事が掲載されていたので、今回はこちらの記事を簡単に紹介したいと思います。 【今回の記事で書いてあること】 総合リハ20

はじめに がんの患者さんに対する運動療法は効果的であるとされています。 しかしながらがんの患者さんの病態は特殊であるため、運動療法を実施していく際には注意が必要です。血小板数の減少が生じている時には出血リスクが高くなって

はじめに 【この記事の概要を1分間で読む】 造血幹細胞移植で使用される幹細胞には骨髄、末梢血幹細胞、臍帯血があります。この移植される造血幹細胞のドナーとなる人は大きく分けて血縁者や非血縁者(他人)です。造血幹細胞移植を受

はじめに 【この記事を1分で読む】 がんのリハビリテーション診療ガイドライン(第2版)では造血幹細胞移植前の高齢者に対してフレイルやサルコペニアなどの高齢者総合機能評価を行うことについてのエビデンスレベルをグレード2C、