はじめに

最近は健康のため、ダイエットのためにウォーキングや筋トレなどを行う人が増えてきました。運動後の水分の摂取の仕方や食事の取り方に注意をしていますか?運動後の体のメンテナンスを行っているかどうかで本当の美しさは変わってきます。今回は運動後の疲労感を翌日に残さない食事の取り方についてお伝えしていこうと思います。

運動後の体は意外と疲労している

運動をするために必要なエネルギーは筋肉や肝臓に蓄えてあるグリコーゲンと呼ばれるものが使われます。

この運動をするために使用されるグリコーゲンは筋肉内に約300g(1200kcal相当)、肝臓内に約100g(400kcal相当)含まれています。全てとは言いませんが、運動後はこの体内に蓄えてあるグリコーゲンがなくなる、つまりはガス欠状態になっています。

またマグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなど、体を動かす際に必ず必要な電解質が汗と一緒に体の外に流れてしまっています。

よって運動後は体が動きにくい状態、つまり疲労していまっているのです。

この疲労をためたままにしてしまうと、せっかくの運動が台無しになってしまうから要注意。

POINT

運動後の体のメンテナンスをしていないと疲れが顔や体に出てしまう。ダイエットはできていても、疲れていては本当の美しさとは言えない。

運動後は体をしっかりメンテナンスしよう

健康のためダイエットのために運動を頑張った後は、しっかりと体をメンテナンスをしてあげましょう。

運動後に何もせず、放置していると体はガス欠状態にあるため最も良くありません。

水分補給は忘れずに

運動をすることで汗を流します。そのため水分を補給しないといけないことぐらいは多くの人は知っているはずです。

補給するものがただの水であってはいけません。
水のみでは脱水時に十分な補給ができず「自発的脱水」と呼ばれる現象に陥りやすくなります。

これは水のみの摂取では血液が希釈されてしまうからです。

補給するのにおすすめなのは、糖と電解質が入った飲料水です。これを飲むことで回復を早めることができます。

運動中や運動後に飲むものとしておすすめなのが、やはりスポーツドリンクです。

スポーツドリンクと1口に言っても2種類あります。1つはアイソトニック飲料、もう1つはハイポトニック飲料です。

これらの飲料水をしっかりと飲んで、疲労をためないようにしましょう。

POINT

どうせ飲むなら体に良いものを飲んで疲労をとり内側から美しくなろう。カッコよくスポーツドリンクを飲んじゃえ

食事をとるのは運動直後がベスト

運動後すぐに食事をすることでグリコーゲンやアミノ酸が筋肉の合成に使われるので、栄養不足から起こる筋肉の分解を止めることにつながります。

つまり筋肉を美しく保つ、体のラインを美しく保つために運動後の食事はすぐ行う方が良いのです。

また、グリコーゲンの貯蔵を速やかに行うことで疲労回復も得られます。

運動後に必ずとるべき栄養素は、タンパク質、炭水化物、アミノ酸、ミネラルです。

タンパク質はボディラインを保つために必要

タンパク質は筋肉の材料になります。ボディラインは基本的に筋肉の形によって決まります。

ボディビルダーをイメージすると分かりやすいですね。

ダイエットのために運動をして筋肉を鍛えて、綺麗なボディラインを作りたいと思っていてもタンパク質を十分に摂っていなければその夢も叶いません。

タンパク質は、「動物性タンパク質」である肉・魚介類・卵・乳製品などの動物性の食品に含まれるものと「植物性タンパク質」である豆類・穀類などの植物性の食品に含まれるものがあります。

「DIAAS」タンパク質の新評価基準とは?

炭水化物も時には必要

とにかくダイエットをしている人に敬遠されるのが炭水化物。でも炭水化物も体には必要。

なぜなら、最も回復を早めてくれる、つまり疲労をすぐにとってくれるものだからです。

ダイエットのために運動を頑張っている人の中で、特に体の疲れがとれない、イライラするという人にとって炭水化物は解決策の1つになってくれるかもしれません。

糖質はタンパク質と組み合わせて摂取することで筋合成が促進されるので、両方摂ることでトレーニング効果を高めることができるでしょう。

アミノ酸で速攻回復

アミノ酸はトレーニング中のエネルギー代謝や疲労に効果があるといわれており、トレーニング後も筋合成の促進や、筋分解の抑制、筋肉痛の軽減にも効果があります。特にBCAAは筋肉のエネルギーになるアミノ酸です。

サプリメントなどでも良く出ているので、食べ物でとることが難しい人は利用しても良いでしょう。

スポーツドリンクで効率良くミネラル摂取

マグネシウムやカリウム、カルシウム、ナトリウムなど、体を動かす際に必ず必要な電解質が汗と一緒になって流れしまうので、スポーツドリンクで補うと良いです。

さいごに

ダイエットをするためにウォーキングや筋トレなどの運動を取り入れている人は多いですが、運動の後のメンテナンスとして食事をおろそかにしていませんか?せっかく行ったトレーニングも運動後の食事の内容次第では台無しになることだってあります。しっかりと自分で管理をしながらダイエットをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA