はじめに

可愛くなりたい!痩せて綺麗にみられたい!

ダイエットを頑張ったから痩せることに成功!!!

ちょっと待って下さい!骨まで痩せてしまっていませんか?

ダイエットのやり方を間違えると、将来、骨密度が低下し骨粗鬆症になりやすい骨になってしまっているかもしれませんよ?

その痩せた骨が将来のあなたに良からぬことをもたらすことがあります。

将来、後悔しないために今から健康的な骨美人への道を始めましょう。

今回はダイエット女子にぜひ、知っておいて欲しい大事な骨密度のお話をしていきたいと思います。

人生の最大骨密度は20歳前後

成長期には身長が皆さんも伸びたと思います。

あれは成長期に骨がカルシウムを蓄えて、急速にその長さや太さを大きくするからなんですね。

その成長に合わせて骨密度(ここでは骨の強さと理解して下さい)もぐんぐん上がっていきます。

人生の中で最も骨密度が強くなる時期は20歳前後だと言われています。

そのあとは、徐々に骨密度は年齢とともに低下してしまいます。

特に女性の場合は閉経(エストロゲンの影響)が始まると、急速に骨密度の低下が始まります。

女性に骨粗鬆症が多い理由はホルモンのせいです。

これは以前の記事でも書きましたので気になる方は読んでみてくださいね。

骨密度が低下する原因は「運動不足」と「過度な食事制限」

骨というのは負荷(体重がドンとかかるようなもの)があると強くなっていきます。

筋肉も鍛えれば太く強くなりますよね。

あれと同じで骨もジャンプを繰り返し行っていると骨密度が増えて骨が強くなるようになっています。

裏を返せば、その負荷がなくなれば骨密度は低下し骨は弱くなります。

運動不足になり、骨への負荷がなくなると骨密度は低下していきます。

余談ですが、他のスポーツ選手に比べ水泳選手は骨密度が低いと報告されています。だって水泳は体重がかからないから。

私は幼稚園の頃から水泳ばかりしていたので、骨密度が低いかもしれない・・・。(汗)

もう1つ骨密度が低下する原因は過度な食事制限です。

皆さんの中にもダイエットに食事制限を取りれている方は多いのではないかと思います。

過度な食事制限は禁物です。

先ほどの運動で骨が強くなるというお話をしましたが、これはきちんと骨にとって大事な栄養が補給されていることがあってのことです。

体重を減らすことを目的に、ほとんど食べないでいると骨までスカスカになってしまい骨粗鬆症のリスクがアップしてしまいます。

20歳までに最大骨密度を上げているかどうかが鍵

誰もが骨密度は年齢とともに低下します。絶対に。

骨密度が低い人は骨が折れやすい状態になってしまっている骨粗鬆症になる時期が早く来てしまいます。

ポイントはいかに、20歳までに骨密度を上げておけるかということなのです。

若くしてこんなダイエットをしていると本当に将来、危険です。

全く運動をしない

・車通勤、デスクワークが基本でほとんど歩くことはない

・運動部に入っていなかった、日頃から運動習慣がない などなど

極端な食事制限で以下の食べ物もあまり食べていない

・カルシウム → 乳製品

・ビタミンD     → 魚、きのこ
・ビタミンK     → 納豆、緑黄色野菜

・ビタミンB,C → 緑黄色野菜

・葉酸     → 緑黄色野菜

これらは骨を作るのに重要な栄養素です。(過去に記事を書いています)

現代の日本人はどの栄養素も摂取推奨値に達していません!!!

つまり、食事内容から見ればみんな骨粗鬆症予防になっていないのです。

骨粗鬆症まっしぐらです。

そこにダイエットが加わり、さらに栄養を取らなくなったらどうなりますか?

現在、骨粗鬆症患者は推定1280万人

10人に1人の割合です。

そのうちほとんどが女性なのです。

骨粗鬆症になり、一度骨折してしまうとその後の死亡リスクは何倍にもなると言われているほどです。

せっかく頑張ったダイエットが仇となってしまうのは、もったいないです。

将来の自分のために骨密度のプレゼントをして上げてください。

人間、中身が大事。内側から輝く女性になってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

参考文献)

1)中村利孝 わかる!できる!骨粗鬆症リエゾンサービス 医薬ジャーナル

2)骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA