はじめに

【この記事の目次】

  • 新しい生活・自分を夢みることは?
  • 一歩が踏み出せない現状維持バイアス
  • 誰にだって踏み出せない現状維持バイアスがある
  • 現状維持バイアスのメリットとデメリット
  • 自分を変える方法とは

【この記事を1分で読む】

「新しいことをしたいけど始められない」「恋人と別れたいけど別れらない」などように「◯◯をしたいけど、なかなか始められていない」という何となく新しい一歩を踏み出せないのは、「今の生活を変えてまでリスクをおいたくない、今の生活で十分だ」という現状維持バイアスという心理が働いているからです。これがあるために人はなかなか自分が思うように行動ができないのです。新しい生活や自分を手に入れたければ、まずはこの現状維持バイアスが生活の中の至るところにあることを知り、「まずはやってみる」という気持ちを生み出せるようになることが大事です。

新しい自分・生活を夢みることは?

別に今の生活が嫌な訳ではないけど、「これをやってみたい」「今のところよりもあーいうところで働いてみたい」などのような思いは誰にだってあると思います。

でも頭の中で思っていたことのうち、一体どれだけを実際にやってみましたか?

「やってみたかったことは全てやった」という人はおそらく少ないはずです。

新しい一歩を踏み出すことがなかなかできずにズルズルと時間だけが過ぎてしまうのには、あなたの心理的状態が関係しています。

それは「現状維持バイアス」と呼ばれるものです。

一歩が踏み出せない現状維持バイアス

現状維持バイアスとは「新しい物事や試みよりも、今の生活や状態を維持したいと思う心理的傾向」のことです。

新しいことを始めることで、これまでの生活よりもより豊かになることがわかっていても、その価値を過小評価してしまう傾向にあります。

なぜなのでしょうか?

それは、これまでの生活を変えてまで行うことによって生じる不利益(例えばストレスや不安など)に焦点を当てがちになるからです。

この現状維持バイアスがあることによって「これまでのやり方でうまくいっているのだから、なぜ変えないといけないのだ」と考え、結局これまで通りのやり方や生活を続けてしまうことになります。

現状維持バイアスは新しいストレスを感じる必要がない分、心地よいものかもしれませんが、ともすれば刺激のない退屈な生活を生み出すことにもなるかもしれません。

誰にだって踏み出せない現状バイアスがある

現状維持バイアスが働いている例を少しだけあげてみましょう。

「外食と言えば、いつも決まったような店ばかりで、注文するメニューも同じ。」

「新しいシャンプーが発売になっていたから少し気になるけど、いつものシャンプーにしておこう」

おそらく皆さんも当てはまる部分もあるのではないでしょうか。この行動の背景には何があるのでしょうか。

「新しいレストランがオープンしているけど、美味しくなかったら嫌だからいつものところにしておこう」

「新しいシャンプーが気になるけど、匂いとか肌に合わなかったから嫌だから、これまで使っていたいつもの物にしておこう」

きわめつけは恋愛における現状維持バイアスです。

友達でいませんか?

「そんな人と付き合うくらいなら、早く別れれば良いのに」

というような人。周りに人からすれば不思議に思うようなこともありますが、これも現状維持バイアスです。

恋人と別れて1人に戻ること、また新しい出会いを求めることへの不安・ストレスを嫌い、現状のままで良いという心理が働いている証拠です。

現状維持バイアスのメリットとデメリット

損失を回避し、現状を維持しようとする現状維持バイアスにもメリットはあります。

これまでの生活と同様に失敗や損失がないことです。

そのため失敗や損失に悩むストレスなどもないため、これまで通りの生活を続けることはできるでしょう。

一方で毎日かわりばえのないたいくつな毎日が続く可能性があるため、現状に満足をしておらず、「同じことの繰り返しの毎日」に飽きている人はこの現状維持バイアスを見直した方が良いでしょう。

自分を変える方法とは

「まずはやってみる」成功も失敗も新しい世界

「始める前にPCを開いて調べてみて、そこで終わり」となり、そこから先の実践にまでうつらない人がとても多いです。

うだうだ言ってないでまずはやってみましょう。失敗しても死ぬわけではありません。(やってみる内容にもよりますが)

 

私のちょっとした挑戦

  • ブログを始めて2年
  • ハワイ島でスカイダイビングに挑戦

(*ハワイにて妻とスカイダイビングに挑戦をした時の写真)

私の場合、ずっと昔からブログをやってみたいと考えていましたがなかなか始めることができませんでした。

ようやく重い腰をあげて始めてみると「なんてことない」「なんだ簡単じゃないか」ということに気づかされました。

ブログを始めてみてよかったと心から思っています。

またスカイダイビングにも挑戦することができました。これは妻と2人でハワイでしたのですが、これもなかなか実際に飛んでみるまでに時間がかかりました。

思い切って申し込み、ハワイの4000m上空からいざダイブ。

「世界が変わるとはこういうことか」

スカイダイビングをしてみて本当に良かったと思っています。またやりたいです。

まずはやってみると意外と簡単だったりしますし、新しい世界・自分に出会えます。

たとえそれが失敗だったとしても、それはそれでそういう新しい世界と出会えたということになります。

ちょっとでも毎日に退屈さを感じているのであれば小さいものからでも良いのでやりたかったことを始めると良いです。

小さな挑戦

  • いつもと違う場所の駐車場にとめてみる
  • いつものレストランに入っても定番メニューを頼んでみる
  • いつもはあまり話さない人に話かけてみる
  • 休日は必ず外出をしてみる
  • 図書館などで買わないような本を手に取ってみる

このような小さな挑戦はいつもの生活をちょっと変えるだけで行うことができますし、その結果背負うリスクも小さいものでしょう。

現状維持バイアスは新しいストレスを感じる必要がない分、心地よいものかもしれませんが、ともすれば刺激のない退屈な生活を生み出すことにもなるかもしれません。

「退屈な毎日を変えたい」「生まれ変わりたい」「新しいことを始めてみたい」と感じている人はこの現状維持バイアスをとっぱらって飛びこんでみる勇気が必要です。

この記事の参考文献

●知識ゼロでも今すぐ使える行動経済学見るだけノート

この本は非常に分かりやすいです。用語の説明は事例やイラストを多く使っているので漫画を読むぐらいの気分で読むことができます。行動経済学を少し勉強してみようかなという人には入門編としておすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA