はじめに

この記事を読んでみようとクリックしてくださったということは、何かしらイクメンに興味をお持ちということですよね?笑

私も正直なところ、イクメンって何よ?って感じでした。

イクメンになることができているかどうか分かりませんが、色々と妊娠中や産後の妻と関わる中で、「あー、こうすれば良いのね」ということが少しだけわかった気がします。

このシリーズではイクメンになりたいけど、どうしたら良いのか分からない男性陣向けに私が実際に行ってきたことを中心に書いてみたいと思います。

 

「赤ちゃんができたとわかったとき」に夫はどうすれば良い?

 

イクメンへの道の第1歩はやはり、「赤ちゃんが出来たと分かったとき」から始まります。

 

では、赤ちゃんが出来たと分かった時に、夫は何をすれば良いと思いますか?

 

大切なのは

とことん、奥さんと喜びを分かち合うこと

 

本当にこれは大事なことです。

妊娠したことが分かって、本当にそのことを喜んでいる奥さんの場合、必ず側で奥さんと一緒に喜んであげてください。

赤ちゃんがお腹の中にできるということは、女性にとって本当に大きなライフイベントとなります。女性にとっては人生の中で、本当に一大イベントなわけです。

私の場合は、妻から妊娠しているかもしれないと聞かされた時、号泣して妻と抱き合って喜びを分かち合いました。あの時間は一生忘れられないと思います。

 

「なんだ一緒に喜ぶなんて簡単じゃないか」と思う方も多いかもしれませんが、意外とこれは世の男性陣は出来ない人が多いのです。

 

男性陣側の喜びはあまり伝わっていない

 

妻が妊娠したと分かった後、私のアパートに妻の友人が訪れてくれましたが、その時に、妻の友人からの話でそのことが分かったのです。

 

「え?泣いたん?すごいね!うちの旦那、全然泣かんかったよ!」

「えー、そうやって一緒に喜んでくれるなんてすごいね!」

「いいねー、そんな時間、羨ましい!」

 

出てきたのは、私に対する賞賛の言葉と夫に対する不満の言葉でした。

私はこの妻の友人の夫たちとも仲が良いので、どんな人が分かります。すごく良い人たちです。子供のことをすごく可愛がっています。絶対に子供が出来たと分かった時も喜んでいるはずです。

では何故、妻の友人たちはこのような発言をしたのでしょうか。

それは、喜びが伝わっていないからだと思います。男性陣は女性に対してあまり「好き」「愛している」と言わない人が多いから、女性は「もっと言って欲しい」なんて話を良く聞いたことがありますよね?

それと同じことが、子供が出来た瞬間の喜びに対する温度差として夫婦間で出来てしまっているのだと思います。

 

これは大きな問題です。女性はいつまでも、この記憶があるようです。

何かにつけて、やはりこの手の話をしているのを耳にします。

 

子供が出来たと分かった時の奥さんとの

喜びの分かち合い方

 

  1. 一緒に泣いて喜ぶ
  2. 「ありがとう」と伝える
  3. 奥さんを抱きしめる
  4. 2人で記念写真の撮影をする
  5. 後日、お祝いの席を設ける
  6. 安産祈願のお守りを買い、手渡す
  7. 時々、子供が出来たと分かった時のエピソードを、2人で思い出し話す時間を作る

これらはやって置いて絶対に損はしないと思います。

「言葉」と「行動」で気持ちをしっかりと示してあげて下さい。

その時の気持ちがきちんと形で残るように記念写真の撮影をしておくと、歳を重ねてからもずっと思い出すことが出来ます。

母としてスタートをきることになった奥さんをしっかりと祝ってあげましょう。食事に連れていく、手料理をふるまう、または記念品などを渡すなどでも良いので、行動をとりましょう。料理などは「つわり」がかなり強く出ている奥さんの場合は注意が必要ですよ!

 

子供が出来たと分かった時、奥さんとしっかりとその喜びを分かちあって下さい。これは、その後の奥さんの心理状態にも大きく影響が出てくるものと思います。

 

奥さんの喜びを半減させてしまうような、発言や行動は絶対にしないであげて下さいね!!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA