はじめに

プロバイオティクスとは腸内環境を整えてくれる微生物のことをいいます。この細菌たちのおかげで免疫機能も保たれているのです。しかしながら、この細菌たちにも栄養が必要です。その栄養のことをプレバイオティクスと言います。このプレバイオティクスがないと細菌たちも活発に動くことができません。ですので、腸内細菌を整えて免疫機能などを保つためにはプロ・プレバイオティクスの両方をとる必要があります。

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは

腸内環境を良くしてくれる微生物のこと。ヨーグルトや納豆などに多く含まれる乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などがこれにあたる。

腸内環境を整えてくれる優れものたちなのです。プロバイオティクスを摂ると、おなかの健康を守るだけでなく、体本来の力を強めることにも繋がります。

 

体の中は実は細菌だらけ?

人間の大腸の中には 500~1,000 種類の細菌が 1,000 兆個以上、存在することが明らか となってきました。重さにすると約 1.5kg程度にもなるというのだから驚きです。
ヒトは約 60 兆個の細胞からつくられていますので、自分を形づくるの細胞の数を遥かに上まわる細菌群を腸内で飼っていることになります。
この膨大な数のが腸内細菌たちが私たちの健康にとても大事な役割を担ってくれているのです。

 

プロバイオティクスの効果は?

下痢や便秘を抑える、腸内の良い菌を増やし悪い菌を減らす、腸内環境を改善する、腸内の感染を予防する、免疫力を回復させるなどの多くの効果があります。

乳酸菌体が胆汁酸(コレステロールから合成される)を吸着し便として排泄することができるため、血中コレステロールが低下する効果もあります。

 

プロバイオティクスを含む食品は?

代表的なものはヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などです。
科学的にそれらの効果が証明された乳酸菌やビフィズス菌は特定の菌株に限られています。トクホマーク(特定保健用食品の表示)がついた商品には、厳しい研究を通じて効果が証明された菌株が使われていますので、プロバイオティクスを選ぶ際の目安にすると良いとされています。(ヤクルト中央研究所HPより抜粋

 

プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスとは

プロバイオティクスの栄養源となり細菌の増殖を促進する食品成分のこと。食物繊維やオリゴ糖などがこれに含まれる。

プレバイオティクスは腸内細菌の増殖を促す働きのある食品を指します。この食品たちを食べることで腸内フローラが整うということです。

消化管上部で分解・吸収されない
大腸に共生する有益な細菌の選択的な栄養源となり、それらの増殖を促進する
大腸の腸内フローラ構成を健康的なバランスに改善し維持する
人の健康の増進維持に役立つ

これらはプレバイオティクスとして満たすべき4つの条件になります。

 

プレバイオティクスの効果とは?

乳酸菌・ビフィズス菌の増殖を促進する作用があるため、腸の働きを整えてくれます。またミネラル吸収促進作用、炎症性腸疾患への予防・改善作用など多くの効果があります。

 

プレバイオティクスを含む食品は?

サトウキビ、たまねぎ、キャベツ、ごぼう、アスパラガス、蜂蜜、バナナ、牛乳、ヨーグルト、ジャガイモ、ブドウ、きなこ、にんにく、トウモロコシなど(※ただし食品に含まれるオリゴ糖は少量)、オリゴ糖やデキストリンなどのサプリメントなどがプロバイオティクスの栄養源になると言われています。

オリゴ糖と一口に言ってもその種類はたくさんあります。

ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分とされています。

日々の疲労やストレスで免疫力低下

日々の疲労やストレスによって人間の免疫力は低下します。免疫力が低下した状態のままで仕事や家事、育児を行うことはかなり大変なことです。

日々の活動のパフォーマンスを上げておくためにもプロバイオティクス、プレバイオティクス食品を食べておくことが大切です。

毎日の疲労を翌日へ持ち越さないようにするために食事内容から見直してみましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA