はじめに

子供は大人と違い平常時から体温が高い傾向にあります。

そのため大人の基準で考えるとすぐに「あら熱がある?」となりそうですが、そうではない場合も多くあります。

今回は自分の子供が発熱しているのかどうかをきちんと知るために「子供の発熱の目安」について簡単にご紹介します。

子供の発熱の目安

子供の体温が37℃を超えると、「あれ?この子熱出しているかも」と焦るかもしれませんが、子供では37.5℃以下は発熱ではありません。これが目安になるでしょう。

しかしながらその子供の平熱を知っているかどうかが重要です。37.5℃の熱が出ていても、平熱が36.3℃であればいつもよりも1℃以上高いことになりますが、平熱が37.2℃の場合であればたったの0.3℃しか高くなっていないということになります。これでは同じ37.5℃であっても意味合いが全く異なってきます。

普段から平熱を測っていれば、どの程度の発熱かがわかって、迷うことはありませんね。

子供の平熱を知っておく

皆さんの体温は1日中同じではありません。朝はやや低くで,夕方は0.2-0.3℃高いとされています。

風邪やその他の病気でもない健康な子供でも夕方になれば37.3-37.4℃まで体温が上昇することがあります。その他、運動後や食後は体温が高くなります。

また子供は厚着をしてしまったり暖房などの影響で、体温が大人と違って変化しやすいです。体の大きさにくらべて子供は体表面積が大きいことが要因で環境温度の変化を受けやすいとされています。

子供は大人と違い体温調節が上手に出来ないので注意した方が良いです。

これらのことから子供の体温はかなり変化しやすいことがわかります。

そのため、子供の平熱を知るためにも1日4回体温を計測することが勧められています。朝の起きた時、午前、午後、夜の計4回体温を測ると良いでしょう。その平均で子供の平熱を知りましょう。

さいごに

子供の発熱の目安は「37.5℃」ということを覚えておいてください。

しかしながら子供の平熱はそれぞれで異なりますので、必ず自分の子供の平熱を知っておくようにしましょう。

また体温がそれほど高くなくても、きげんが悪い、食欲がいつもよりないなど、普段の様子と違う場合は、「熱がないから大丈夫」と簡単に決めつけるのではなく注意深く子供の様子をみてください。

37.5℃という客観的な数字はあくまでも1つの目安です。普段から近くで見ている親の観察力が一番大事です。子供のちょっとした変化にも気づくことができるようにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA