はじめに

子供を1人育ているのに必要なお金は一体いくら必要だと思いますか?思った以上にかなりの金額がかかることが分かります。今回は文部科学省が報告している資料など元に解説をしていきます。

幼稚園から大学までの教育費は1000万から2800万円

幼稚園から高校卒業までの教育費は子供1人あたりだいたい500万円から1800万円程度かかります。

なぜこんなにも幅があるのかは「全て公立」か「全て私立」かの違いです。

掲載してあるグラフは幼稚園から高等学校までの15年間にかかる教育費の合計金額を示したものになります。

棒グラフは上から順番に

  • ケース1:全て私立
  • ケース2:幼稚園・高等学校は私立・小学校・中学校は公立
  • ケース3:幼稚園は私立、小学校・中学校・高校は公立
  • ケース4:全て公立

となります。

どのタイミングで公立や私立に通うことになるかで大きく費用が変わってきます。更にこれに大学でかかる費用が上乗せされます。

更に幼稚園から大学まで全て公立だった場合は約1000万円であり、全て私立だった場合は約2800万円になる計算になるそうです。

極端な例かもしれませんが、これだけ教育費が違ってきます。

いつ、どれだけの教育費がかかるの?

幼稚園〜小学校まで

これが幼稚園と小学校で1年間にかかる教育費です。公立と私立で比べると1年間で幼稚園では約30万円、小学校では約130万円の差が出ることになります。小学校の場合だと6年間になるので、700万円近く私立の小学校の方が高くなる計算になります。

【①幼児教育・保育無償化が開始】

これから子育てをしていく世代に嬉しい「幼児教育・保育無償化」が2019年10月に閣議決定されましたよね。これによって3~5歳で保育園や幼稚園に通う全ての子供と、保育所に通う0~2歳の住民非課税世帯(生活保護を受給している人、未成年・障がい者で年間所得が125万円以下の人など)の子供について利用料が無料になりました。これによって世帯にかかる教育費の負担は少し下がりましたね。

【参考サイト:幼児教育・保育無償化2019年10月から何がどう変わった?条件・手続き・内容をわかりやすく説明

【②塾などの補助学習費で最も差が出ている】

公立と私立の小学校での学校外活動費が40万円程度の差があります。これは塾などの補助学習費が影響しています。私立に通う子供たちは年間34.8万円補助学習費にかかっているのに対して、公立に通う子供たちは8.2万円となっています。

私立の小学校に通う子供たちは学校でもお金がかかり、また塾でもお金がかかっているようです。

中学校〜高等学校まで

中学校と高等学校で1年間にかかる教育費です。子供が大きくなるにつれて、公立と私立の差がかなり大きくなります。

特に学校教育費にかなりの差があります。これだけの金額が違ってくることは予め知っておいた方が良いです。

【中学と高等学校でのお受験事情?】

小学校の時は私立に通っている子供たちの方が塾などの学校外活動費がかかっていましたが、中学になるとこれが逆転します。公立24.4万円なのに対して私立では22.0万円になるそうです。

高等学校ではこれがまた逆転し、公立では14.8万円なのに対して私立は19.4万円と私立が上回ります。

学年別で補助学習費がいつかかっていたかについては中学・高等学校ともに受験に関わってくる3年生の時に最も金額が多い結果となっています。

一番お金がかかるイメージの大学は?

【大学入学金も大きな金額】

大学の入学時の費用もかなりの金額になります。

一番お金がかからないのは国公立大学です。私立大学でも文系か理系かで大きく学費が違います。また医療系の私立大学など、特に医者になるための学科となると普通の家庭では支払うことができないくらいの金額です・・・。

【1人暮らしの子供への仕送りは年間平均102万円、4年で450万円】

1人暮らしをしている子供をもつ世帯の割合は全体の27%にもなります。地方にこの傾向は高く、都市部ほど低い傾向にあります。

アパート代、生活費などの仕送りが4年間必要となるのでこの在学中の費用に上乗せしてかかってきます。

一般的なワンルームのアパート家賃6万円で生活費4万円程度としても一月に10万円程度でしょうか。

日本政策金融公庫は1人当たりの年間の平均仕送り額は102.3万円と報告しています。また1人暮らしを始める時にかかる費用の平均が39.1万円だそうです。つまり大学入学時は入学費・学費以外で140万円程度プラスで必要になります。

4年間で一人暮らしにかかる費用は450万円程度にもなります。

【最も教育費がかからないのは全て公立(1人暮らしなし)で1000万円】

最も教育費がかからないのは大学は地元の国公立で1人暮らしなしの場合で、1000万円程度でしょう。

次に教育費がかからないのは、全て国公立で1人暮らしの場合で、1500万円程度でしょう。

冒頭で示してあるように、大学だけでなく中学や高校なども私立に通うと値段はかなり変動してきます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回はどれだけの教育費用がかかるのかということをまとめました。

子供が希望する進路に行かせてあげたいと思う親も多いでしょう。さてこれだけの教育費を準備することができますか?

また教育費がどれだけかかるかについては住んでいる地域や自分たちの年収なども関係してくるようです。

今、現在の収入、そして子供の教育費がかかる時に自分は何歳になっているのかなどマネープランを立てておいた方が良さそうですよね。

【参考資料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA