はじめに

【この記事を1分間で読む】

なかなか物事を覚えることができないと記憶力に悩んでいる人も多いです。
覚えられてない、すぐに忘れてしまうのにも理由があります。
記憶力に悩む方はまずこのエビングハウスの忘却曲線について知ってみましょう。エビングハウスの忘却曲線によれば人は1日で覚えたことを半分以上を忘れてしまうものとしています。
これは日常生活の中のこと全てに当てはまるわけではありませんが、学生であれば「テスト前のまる暗記」がなかなかうまくいかないなどには十分当てはまる理論です。

人はあっという間に忘れる生き物

「エビングハウスの忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これはドイツの心理学者(ヘルマン・エビングハウス)が見つけた「人の記憶力」がどう変化するのかを表した曲線です。
エビングハウスは実験の参加者に無意味な音節を記憶してもらうようにして、その後、時間が経過するごとにどれだけ覚えていられたかを調べてました。
人は1日で半分以上忘れるということが分りました。
下の折れ線グラフはエビングハウスの忘却曲線です。このグラフでは一体どれほどの記憶が維持されているかを表しています。
逆に言うなら、100からグラフ上の数字をひいたら忘れる可能性が分かります。

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には67%忘れる
  • 2日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

たった20分後でも記憶はあまり保持されないということがわかっています。

エビングハウスの忘却曲線の落とし穴 

こんなにも人の記憶力はないのかと思うかもしれませんが、このエビングハウスの忘却曲線にも落とし穴があります。
この実験で覚えさせられたのは「無意味な音」であったということです。
意味のわからない言葉はなかなか覚えられないのは当然のことですよね。
私たちの生活は、無意味な状況や言葉ばかりではなく、ほとんどが意味や文脈を持ちます。
そのため、このエビングハウスの忘却曲線がそのまま生活の中での記憶力に当てはまるかというとそうではないでしょう。

漫画は覚られるのに、勉強内容は覚えられないのは何故?

「漫画は覚えられるのに、勉強内容は覚えられない」

これは私もよく経験します。
人間の脳は意味の分からない言葉や文脈は基本的になかなか覚えられません。
例えば漫画やゲームの中でも「キャラクターの名前」「技」「武器」などの名前がカタカナであってもいとも簡単に覚えることができるでしょう。

そしてその漫画やゲームの内容を友達と話すことができるため、半分以上忘れてしまっているとは思えません。

このようなことが起きるのは、漫画やゲームの場合、目の前に言葉だけでなく絵も表示されているため情景と言葉同時にインプットされるため印象に残りやすいのです。

単語だけでなく、視覚や聴覚などの感覚や「おもしろい」「楽しい」という感情と結びつくことができたものは記憶されやすいとされています。

テスト勉強で「まる暗記」は通用しにくい

エビングハウスの忘却曲線では「無意味な音」を記憶させられた時の実験ですので、生活の中の全ての出来事全てにおいてこれが当てはまるわけではありません。

しかしながら、学生などであればテストのまる暗記の場合はどうでしょうか。

文字通り、まる暗記ですので覚えようとしていることに意味、文脈をもたせようとあまりしていません。

また多くの人がその作業を楽しもうとしていないでしょう。多分、嫌々やっている人がほとんど、だから脳も覚えようとしないのです。

それゆえに勉強などで「タダの丸暗記」などは記憶に残りにくいのです。そして翌日のテストの時には覚えていない・・・ということが起こってしまうのです。

まる暗記でその場でのテストの点数を少しばかり上げることは可能でしょうが、結局すぐに忘れてしまうので、また受験勉強で知識が必要となった場合に苦労することになってしまいがちです。

さいごに

すぐに忘れてしまう、なかなか覚えられないのには理由があります。覚えようと思っていることにどれだけの意味を持たせているか、また物事を楽しんでいるかどうかで記憶の残り方は違います。

エビングハウスの忘却曲線が示しているように自分ごととしてあまり意味をもたせていないことは、すぐに忘れてしまうのです。

記憶力とは?すぐに忘れてしまうのには理由がある」への2件のフィードバック

    1. 私たち大人もそうですが、学びは楽しくするものです。生活に繋がる学び方、意味付け、ストーリー性が大事だと感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA