はじめに

普段、平日は忙しくてあまり寝ることができていないから休日の朝くらい遅くまで寝ようと寝だめをしている人が意外と多いですが、これはあまり良くありません。

そもそも寝だめはできません。なかなか睡眠時間を普段から十分にとることができない人は寝だめよりも「昼寝」をした方が良いです。

実は寝だめはできない

結論から先に言いますと寝だめはできません。

よくある話で平日は仕事などが忙しく睡眠時間を確保することができないから、休日の起きる時間を遅くして「寝だめ」をして睡眠時間を確保しようとしますが、これは意味がありません。

貯金のように沢山寝ておくことでその後の睡眠不足に耐えらえるようなことはなく、「睡眠」を「ためる」ということは基本的にできないということを覚えておいてください。

寝だめで生活リズムを崩す方が問題

 

寝だめができないことが大前提ですが、この寝だめをしようとして朝の遅くまで寝ることで生活リズムが崩れてしまうことが一番の問題です。

睡眠不足を解消するために、休日の遅い時間まで眠っていると、太陽の光などによる体内時計の調整がきちんと行われなくなってしまい生活が夜型化して、日曜日の夜の入眠困難や月曜日の朝の目覚めの悪さにつながります。

人間はこの朝起きた直後の太陽の光を手がかりに1日の時を刻んでいますので、これがずれるとその日1日の全ての時がずれてしまいます。その結果、夜寝付くことができる時間が遅れてしまい結果的に夜型になり睡眠不足に繋がるのです。

例えば朝起きる時間を3時間遅らせる生活を2日間続けると、高校生では体内時計が45分程度遅れることがわかっています。大人でもゴールデンウィークやお盆、年末年始などの長期休暇の際に生活リズムが乱れやすくなるので注意が必要ですね。

週明けの目覚めが特に悪いと感じる人は休日の朝起きる時間を平日と同じような時間にした方が良いです。

寝だめより昼寝がおすすめ

基本的には毎日の睡眠時間を確保することが重要です。しかしながら仕事やその他の生活の事情によってそう簡単にはいかないこともあります。

こういった毎日が続く場合には昼寝が効果的です。

睡眠不足により日中の眠気が気になる方は「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をする」ことが効果的ですので、職場などで少し昼寝をするようにしてみると良いです。

またこの昼寝が長くなりすぎると昼と夜の活動・急速のメリハリがなくなってしまうので、夜の睡眠が浅くなるなど睡眠の質の低下が起こってしまうため注意が必要です。

最近では昼寝をする習慣がある会社などもあると聞いていますが、これは良いですね。健康にも良いですし、適度な昼寝をすることで午後からの作業効率もグンと上がりますので会社としても収益大です。

さいごに

睡眠は食事、運動、飲酒や喫煙などの生活習慣と同じように人の心身の健康と深く関連しています。日常的に睡眠時間が短い人は死亡リスクが高くなることがわかっています。

日々、仕事や家事で頑張っていて結果的に睡眠不足なっている方も多くいます。その方々もし平日寝ることができていない分を解消するために休日に寝だめをしているのならやめておいた方が良いです。寝だめはできませんし、それがまた健康被害を起こす可能性もあります。

寝だめができない分、30分程度の短い時間で良いので昼寝をすることをおすすめします。

サイト内関連記事

睡眠不足がある人にオススメの生活リズムを整えるポイント

疲れをためない睡眠の取り方とは?

体力の衰えを感じる?衰えの原因は睡眠不足にあり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA