はじめに

皆さんが「痩せたい」と思う理由は「太ると病気になりやすくなるから」ではなくきっと、「綺麗になりたい」「彼氏が欲しい」「モデルのような服や水着が着たい」などなどではないでしょうか。

でも、そのダイエットによって自分の命を削っているとしたら・・・?

実は痩せすぎも疾病リスクに繋がることがわかっています。

正しく痩せるためには自分の身長にあった体重に合わせることが重要です。

きちんとした健康管理方法を知ることも重要です。どうでダイエットするなら、中身から綺麗になりましょう!

太っているか痩せているかは体重ではなく、BMIで考えた方が絶対に良い

痩せているか太っているかを体重だけで判断してしまっていませんか?

毎日ダイエットのために体重を計測している人も多いと思います。そして目標を立てて「よし、体重をここまで落とすぞ!!」というように目標を立てていることでしょう。

じゃぁ、お聞きします。その目標ってどうやって決めましたか?なぜ、その目標体重にしたのですか?

ダイエットをする際に体重をみることはもちろん大事なのですが、もっと大事なことはあなたの身長にあった体重であるかどうかです。

それがBMIと呼ばれるものになります。

BMI = 体重kg / (身長m×身長m)

ちなみに、皆さんのBMIはいくらでしたか?

例えば身長が155cmの人で45kgであった場合はBMIが18.7になります。

18.5以下となった人は「痩せている」ということなります。

もっとも健康的なのはBMIが18.5~25以下の普通体重の人たちです。

これで、ぎりぎり普通体型です。モデルさんたちは、おそらく痩せすぎです。

私の場合はダイエットなどは全くせず、筋トレばかりしていますが18.9と低めですね・・・。BMIだけを見れば私も不健康な状態にあるのですが、筋肉量が一般の人に比べてかなり多いと体組成検査でわかっているので心配はしていません。

体脂肪率や筋肉量を知ることができる体組成検査の結果をしっかりと見ながらダイエットの目標を設定することも重要です。

あなたの身長から考える健康的な体重とは?

BMI の計算の仕方は大丈夫でしょうか。ではそのBMI を活用して、あなたの身長から考えられる健康的な体重は何kgなのか計算してみましょう。

先ほどのBMI = 体重kg / (身長m×身長m)を活用すると以下のようになります。

体重kg=BMI(18.5~25) ×(身長m×身長m)であなたの身長にあった体重を計算することが出来ます。

例として身長が先ほどの155cmの女性の場合、

18.5×(1.55×1.55)=44.4kg

25×(1.55×1.55)=60kg

となります。つまり身長が155cmの女性の場合44.4kgから60kgの人は「普通体重」となるわけです。かなり幅があるように感じますが、医学的にはこれで良いとされています。

その理由がBMI と死亡リスクの関係にあります。

痩せすぎは死亡リスクが高くなる

ここで衝撃的なデータをお示ししましょう。

男性16万人、女性19万人というたくさんの方々に10年間という長期にわたって行われた大規模な研究を紹介します。

その結果はタイトルの通りです。

図の見方ですが、BMIが23〜25の人を基準とした時にその他のBMIの人がどれだけの死亡リスクになるかということです。

右側の女性のグラフを見てみましょう。

BMIが14〜18.9の人たちところに赤字で「1.61」と書いていますね。

これが普通BMIの人たちと比べた時に、このBMIのゾーンにいる人たちは

1.61倍死亡リスクが高くなっていることを示しています。

「なーんだ、たったの1.61倍か、2倍もないんじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれませんがこれは軽視出来ない数字です。

次に右に行けば行くほど肥満になるのですが、どうでしょうか。

なんと!肥満の人に比べて痩せている人の方が死亡リスクが高いんです・・。

太っている人を馬鹿にしている場合ではないのです。

ダイエットのしすぎは注意が必要!むしろ痩せすぎの人の方が危険です!

もう少し詳しくみてみましょう。

痩せすぎは心臓・脳の病気もなりやすい

また右側の女性のグラフを見てみましょう。

青の心疾患というのは、心筋梗塞や狭心症と言われる心臓の病気が入ります。グラフの上に行けば行くほどリスクは高いということになります。

やっぱり太っている人同じように痩せているとかかりやすくなってしまっている。

緑の脳血管というのは脳梗塞や脳出血と言われる脳の病気が入ります。これも同じですね。

赤のがんだけでは女性では特別関係ないようですね。

しかしながらグラフを見てもわかったように心臓や脳の病気についても「痩せていても、太っていてもリスクは高い」ということが明らかになっています。

さいごに

お分かりいただけたでしょうか。痩せすぎも危ないんだと言うことが。

最初に計算をしてもらったかと思いますが、BMIでダイエットを考えてほしいです。

自分の身長のことを考えずに体重だけをみてダイエットをしていると、自分で自分の体を痛めつけていることになっているかもしれません。

心臓や脳の病気だけなく、ホルモンや生理周期ににも大きく影響を与えます。

そして運動をせずにダイエットをしていると筋肉が痩せるので、代謝が落ちて糖尿病になりやすくなります。

ぜひ、ダイエットをしている皆さんには体重だけでなく、BMIをみる習慣をつけてみてください!

研究論文を読みたい方はこちら(日本のコホート研究ですが英論文です)

PebMed Shizuka Sasazuki et al:.J Epidemiol 2011;21(6):417-430

(参考資料)

一般社団法人 日本肥満症予防協会HP

国立がん研究センター 予防研究グループHP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA