はじめに

体力の衰えはなんで生じるのか、簡単に解説します。

体力の衰えを感じた時、皆さん「楽をしよう」として階段をさけてエレベーターを使おうとしていませんか?結論から言いますとこれが体力の衰えの原因です。

運動をしないから体力が落ちる

年々、体力の衰えを感じるという人は多いはず。体力の衰えと一口に言っても原因も様々です。

【体力の衰えを感じる主な原因】

  • 食事に問題がある
  • 睡眠に問題がある(詳しくはこちら
  • 運動不足に問題がある(今回はここ)
  • 心臓、肺に問題がある
  • 筋肉に問題がある(詳しくはこちら
  • ストレスに問題がある

その原因の1つに「運動不足」があります。

考えてみてください。1度体力の衰えを感じたら「楽をしよう」としませんか?

歩くと息がきれる、階段の登り下りをしたら息がきれる、しんどいからやめておこうとしたことなどは1度や2度ではないはずです。

そしてこのような時、皆どうするかというと大半の人は「楽をしよう」とするのです。

【運動不足を感じて、楽をしようとする時のパータン】

  • ちょっとした距離も車を使う
  • エレベーターを使う
  • エスカレーターを使う

楽をしようとして体を動かさなくなるから、その結果「さらに体力が落ちる」のです。

この悪循環を自ら作り出している人がほとんどなのです。

年齢のせいだけ?楽をしようとしている自分に気づけ

加齢による衰えは必ず生じますが、さらに自分で運動不足の状態を作り出して体力の衰えをどんどん進行させてしまっている人が非常に多いです。

体力の衰えを感じてきたら年齢のせいだけにせずに、自分の生活態度をまずは見直すことが大事です。

朝起きて、会社に出勤し仕事、帰宅までの間、あなたはどのように生活をしていましたか?

【運動不足な生活を見直す4つのポイント】

  • スマートフォンで1日の歩数を確認
  • エレベーター、エルカレーターの使用頻度
  • 車での移動距離
  • 昼休みの過ごし方

ほとんどのスマートフォンでは万歩計がついています。まずは1日の歩数を確認して自分が運動不足になってしまっていないかを確認しましょう。日本人の平均歩数は6000〜7000歩程度(厚生労働省調査)です。6000歩でも少ない方ですが、まずは国民の平均と比べてみましょう。

次に見直して欲しいことは歩数が少なくなっている原因についてです。それがエレベーターやエスカレーター、車の使用頻度、昼休みの過ごし方です。

エレベーターなどを使えば当然、歩数は減ります。ちょっとの距離も車で移動をしてしまっていたら歩数は減ります。そして昼休みの時間などもスマホを見ながらダラダラと過ごすだけだと歩数は減るでしょう。

どうでしょうか。自らが楽をしようとして運動不足を招き、その結果として体力の衰えを作り出してしまっていませんか?

自分を大事にしてやれるのは自分だけ

タイトルの通り自分を大事にしてやれるのは自分だけです。

長年一緒に生きてきた体のことを一番知っているのはあなた自身です。だからら体力の衰えを実感できたんです。

でも自分が楽をしたいがために更にその大切な体の体力の衰えを作り出してしまっているとしたら?

体力はつけることができますが、これは歳をとってからではなかなか結果はついてきません。時すでに遅しとなる前に、体力の衰えを感じたら自分で自分の体を楽させようとしていないか見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA