はじめに

 

アクセシビリティとは何でしょうか。スマートフォンの設定の中にも「アクセシビリティ」があることをご存知でしょうか。

そんな身近にあるけど、良くは知らないアクセシビリティとはどのような考えなのでしょうか?

アクセシビリティとは

アクセシビリティと聞けば、障がい者や高齢者を思い浮かべる人もいると思いますが、このアクセシビリティはもっと広い意味合いで使われます。

対象は全ての人であり、この全ての人がどんな状況・環境下でも知りたい情報にアクセスしやすいことを言います。

 

iPhoneを提供するAppleのHP上ではアクセシビリティについてのページがあります。そのトップページにはこう書かれてあります。

またKDDIのHPでは以下のように書かれてありました。

この2つからも分かるように、全ての人が使いやすいということを前提にしているものになります。

iPhoneであればSiriなどは音声入力のみで検索することができます。これは手足の不自由な障がい者だけでなく、子供を抱きかかえたままの状態で手が離せないお母さんにだって便利な機能と言えますよね。

その他にもたくさんのアクセシビリティの機能があなたのスマホの中にありますので、1度はみてみましょう。きっとあなたの生活を変えてくれるはず。

では、

どのようなことを考えていくのがアクセシビリティなのか?というと、これについてはWCAGというガイドラインがあるのでこちらにのっとって考えられているようです。

WCAGとはWeb技術・仕様の標準化を推奨するW3Cが提唱するWebページのアクセリビリティのガイドラインです。

アクセシビリティとは「◯◯しやすさ」

では、具体的にはどのようなことがアクセシビリティには求められるのでしょうか?

例をあげるとWebページの色のコントラストも評価に含まれます。色のコントラストをチェックできるサイトがありますのでそちらで確認するのも良いでしょう。アプリとしても有料ですがあります。

実際にWebページの背景と文字に使いたいと考えている色を1つずつ選んで判定してみました。

これはコントラストがダメな例です。評価の全てにおいて「NG」 になっています。暗い緑色の背景に暗い青色の文字は明らかに見えにくいコントラストですよね。この2色の組み合わせで作成されたWebページはコントラストが悪く見にくいことからアクセシビリティが低いと評価されてしまいます。

これは良い例です。評価が全て「AAA」となっています。このコントラストで構成されたWebページはアクセシビリティとしてコントラストの観点から良い評価を受けることができます。

誰もが情報にアクセスしやすいようにするためにはこのようなWebページの背景と文字のコントラストなどの「見やすさ」もアクセシビリティに含まれるということですね。

身近なところでいうとYoutuberの方々の動画などは音声だけでなく、字幕もでてくるものも多いので、聴覚障がいのある方でも楽しんでみることができます。

【詳しくは:WCAGのその他の評価項目について

どうでしょうか、アクセシビリティについて少しはお分かりいただけたでしょうか。スマホは障がいのあるないに関わらず便利な機能を備えるようになり、Webページなども全ての人がアクセスしやすい、見やすい、読みやすいなどのアクセシビリティを考慮されているかが重要視されるようになってきています。

医療従事者ほどアクセシビリティを知るべき

私がアクセシビリティについてこうして調べた時に感じたことは、私たち医療従事者ほどアクセシビリティを知るべきだということでした。

アクセシビリティのための技術についてはかなりの進歩しました。でもまだ医療現場ではコミュニケーションに障害を抱える人たちの会話、腕や足に障害がある人のスマホ、PC操作、また外出などの支援は十分にできていません。

その理由は3つあると考えています。

  1. 医療者がアクセシビリティを知らない
  2. 患者側がアクセシビリティを知らない
  3. アクセシビリティもまだ十分ではない

この3つのうち、1つ目の「医療者がアクセシビィティを知らない」という問題はすぐに解決すべきです。医療者は患者の病気を治療するために全力を尽くすべきですが、それと同時に患者の生活の質(Quality of Life : QOL)の向上にも寄与しなければなりません。

そこで目の前の患者さんがコミュニケーションに困っていたり、離れた家族や友人とテレビ電話をしたいと言われてもこの技術を知らなかったら患者さんは現状の世界のままで生活をし続けることになってしまうことになるのです。

医療従事者の皆さんはまず、患者さんのためにスマホにもアクセシビリティ機能があることを知ることから始めましょう。

【詳しくは 障がい者とアクセシビリティを考えるための参考記事

さいごに

このアクセシビリティの考え方は今後どんどん広がっていきます。

すでにアメリカなどでは法律化されていて、このアクセシビリティを意識していないWebサイトが訴えらえるケースなどが急増しているくらいです。

これだけ情報社会になったのに全ての人がアクセスしやすい、情報が得られやすい環境にならないといけないというのは確かに納得のいく考え方ですね。

【関連記事】

Apple HP iPhone accessibilityについて

体が不自由な人のための視線追跡アプリがFacebookやYouTube、Netflixで使える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA