はじめに

「グリーンスローモビリティ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?国土交通省や環境省が中心となって進める事業の1つであり、交通の新しい形、健康増進の新しく形づくる可能性があるとして注目されています。

今回は「グリーンスローモビリティとは何か?」「グリーンスローモビリティが創る未来とは何か」についてまとめてみました。

グリーンスローモビリティとは?

電動で時速20km未満で公道を走る事が可能な4人乗り以上のパブリックモビリティのことを言います。(国土交通省HPより抜粋)

実際にはゴルフカートなどを使った取り組が多いです。

国土交通省はグリーンスローモビリティの5つの特徴をあげています。「Green」CO2の排出が少ない電気自動車であり、家庭用コンセントで充電が可能なものであること。「Slow」時速20km未満で走行するため観光地で使用することもできること。「Safety」時速20km未満と速度制限があるため高齢者が運転しても安全であること。「Small」小型であるため狭い道でも問題がないこと。「Open」ゴルフカートなどを使用するため窓がなく開放的であり乗っていて楽しいことなどが特徴として挙げられています。

地球温暖化対策計画に掲げられている、2030年度のCO2排出量2013年度比26%減を達成するためには、運輸部門からのCO2排出量の3割を削減する必要があり、自動車等の車両の低炭素化はもちろんのこと、マイカー等から低炭素な交通機関への転換が不可欠だとされています(環境省HPより抜粋)。その転換先の一つとして、このグリーンスローモビリティが注目を浴びているわけです。

グリーンスローモビリティが創る未来とは?

グリーンスローモビリティのような移動手段が必要となった背景には「急速に進行する高齢化」に伴う「免許返納率の向上」があります。免許を返納すると「外出機会の損失」が生じる為、心身の健康の損失(フレイル、要介護率上昇など)が生じるリスクが高くなります。更には「地域での人口減少」によって公共交通機関の利用者が大幅に減少し、事業の撤退が起こってしまうことも関係があります。

そのためグリーンスローモビリティが活躍する場面として「①地域住民の足として」「②観光客向けのモビリティとして」「③ちょこっと輸送」「④地域ブランディング」が挙げられています。

「①地域住民の足として」バスが走れなかった地域、高齢化が進む地域、お年寄りの福祉増進、既存のバスからの転換、将来的に自動運転可などが活用場面としてあげられています。

つまり様々な理由から移動・交通手段に困る地域に住む方々にとってグリーンスローモビリティは新たな移動手段となる可能性があります。

これまで外出を諦めざるを得なかった為、外出機会がなくなりフレイルの危険性が高くなるばかりでしたが、グリーンスローモビリティを利用することでこれを解決することが出来るのです。

実際に多くの地域において既に実証実験が行われていて、一定の効果があげられています。

グリーンスローモビリティは具体的に何をもたらすのか?

皆さん良くご存知だと思いますが、WHOは健康について「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること」と定めています。

このグリーンスローモビリティはこのWHOが定めるところの健康の要因となる「肉体的」「精神的」そして「社会的」の全てに関与することが出来る可能性がありグリーンスローモビリティを利用する方々の心身の健康に貢献することが出来ると考えます。

ソーシャルサポートという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ソーシャルサポートは精神的な健康にも大きく影響し、抑うつ症状の低減やその他の精神疾患症状が軽減することが証明(Brian et al 2011)されています。

またソーシャルサポートと身体的な健康との関連も報告されています。このソーシャルサポートが欠如することで野菜や果物などの摂取量の低下、睡眠の質の低下、心大血管疾患などの疾患の発症と関連性があるとされています。

ソーシャルサポートにも様々なものがあります。以下のようなソーシャルサポートを有する人は心身ともに健康的に生活をすることができるとされています。

【イラスト:健康行動理論による研究と実践 医学書院より作成】

外出機会が失われ、自宅で閉じこもっていると人と会いお話をする機会も大幅に減ってしまう為、これらのソーシャルサポートを受けることができる機会も極端に減ってしまいます。

その点、グリーンスローモビリティがあると近隣の方たちと一緒になって外出することが可能となりますし、その車内ではたくさんの会話が生まれる為、車内が1つのコミュニティとして機能する可能性もあります。

人と人の間にグリーンスローモビリティがあることで外出機会の創出だけでなく、コミュニケーションの維持や社会活動にも貢献し、持続可能なソーシャルサポートの形成にも一役買うのではないかと思います。

つまりグリーンスローモビリティは失われる可能性の高かった人と人との繋がりをもたらすものとして機能することが心の健康に寄与し、更に外出機会の促進をはかることで身体の機能改善にも寄与することができると思われます。

さいごに

日本が今、そしてこれから直面する超高齢化社会、人口減少問題にうまく対応することができるものの1つにグリーンスローモビリティがあります。

高齢者の多い地域においてこれかからの時代、このような外出支援を行うサービスは必ず必要です。

またMaaS(mobility as aservice)という概念も注目されています。これは公共交通が否か、運営主体に関わらず、マイカー以外の全ての交通手段による移動サービスのこと指しています。今、人々の移動について多くの視点で注目を集めているので、今後も目が離せません。

【参考書籍】

健康行動理論による研究と実践  編集 一般社団法人日本健康教育学会 医学書院出版 3,800円 (amazonでの購入はこちら)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA