はじめに

【この記事を1分間で読む】

HLAとは人の白血球の型のことであり、これは両親から受け継がれる遺伝的なものです。ただしHLAのタイプ、組み合わせには数万通りあるとされています。そのため骨髄移植をする場合でも完全にこのHLAが一致した人にドナーとなってもらえる確率がかなり低いです。またHLAは1型糖尿病などの遺伝的要因による疾患とも関わりが深いものです。今ゲノム医療が急速に発展する中でHLAについても新たな知見が集まってくるのでしょうか。

 

HLAとは?

HLA(ヒト白血球型抗原 Human leukocyte antigen)とは人が持つ白血球の型です。1954年に白血球の血液型として発見されました。HLA抗原は白血球だけにあるのではなくほぼ全ての細胞と体液に分布していて組織適合性抗原(免疫機能)の働きがあるとされています。

 

HLAの働きとは

HLA抗原は「自分」と「それ以外」の識別をする、いわゆる免疫反応の役割を果たします。ウィルスや細菌を非自己として認識し、病原体由来のペプチドを結合してT細胞に提示することで、免疫の働き手であるキラーT細胞やB細胞などに危険情報を伝える働きをします。

 

骨髄移植とH L A

HLAには多くの型がありますが、造血幹細胞移植では特にHLA-A・HLA-B・HLA-C・HLA-DRを合わせる必要があります。人はこれらを2セット持っており、合計8抗原が一致することが最良です。

両親から1セットずつ遺伝的に受け継がれます。両親から受け継がれた遺伝子は1対となってHLAも同様に両親から1つのセットを形成しています。それを「HLAハプロタイプ」と呼びます。

親から子供へのHLAの遺伝パターンは4通りあることになります。その為、HLAが完全に一致する確率は兄弟や姉妹間では1/4となり、非血縁関係間では極めて低くなります。

血縁者にHLAが一致したドナーがいない場合は、骨髄バンクへ登録し、非血縁ドナーを探します。
HLAは何万通りもあります。
その為、非血縁者での移植時におけるドナーを見つけることは非常に難しいです。非血縁者では数百〜数万分の1の確率でしか一致しないと言われています。HLAが完全に一致しないと移植ができないわけではありません。
一部の不適合のドナーから移植を受けた場合は、生着不全や移植片対宿主病(GVHD)をはじめとする免疫関連合併症のリスクが高くなります。

そのため、免疫抑制剤を使用して予防を強化する必要があります。

また最近では免疫抑制療法の発展により、親子間でHLAが1セットしか合っていないドナーからの移植(HLA半合致移植:ハプロ移植)も行われるようになっています。

 

HLAと各種疾患との関係性

HLAを調べることによって、どのような病気に、どの程度かかりやすいかがわかるようになってきています。

HLA LaboatoryのHP から抜粋した資料になります。

日本人に多いHLAハプロタイプの上位10位までが示されてありますが、1位のものでも7%程度であるため、完全に一致する人はかなり珍しいことになります。

上記の表のようにHLAと日本人における疾患との関係性も明らかになっています。

1型糖尿病は遺伝生によるものと言われていますが、HLAハプロタイプにも関係があるということが分かっています。

 

さいごに

骨髄移植のドナーとして適切であるかどうかを判断するときに使用されるのがHLAです。このHLAは両親から受け継がれた遺伝的なものになります。そのため、このHLAは1型糖尿病などの遺伝生の疾患にも関わってくることが分かっています。今、医療界ではゲノム医療が急速に発展してきていますので、このHLAについても新たな知見が集まってくるかもしれません。

 

【サイト内関連記事】

造血幹細胞移植とは?(骨髄移植・末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA