はじめに

【この記事を1分で読む】

私たちの生活はこれから急速なスピードで変貌を遂げようとしています。ITやAIなどの技術が発展することで町や仕事などの社会のシステムが、そしてそこで暮らす私たちの暮らしが変わります。Society5.0DXがキーワードとなっていきます。今回はこの2つのキーワードについて簡単にご説明したいと思います。

【関連記事】

AIやロボットは人の仕事を奪うのか?人とロボットが共に働く未来

私たちが暮らすSociety5.0とは

Society 5.0とは、「サイバー空間とフィジカル(現実)空間を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する“人間中心の社会”」と定義されています。

POINT

  • Society1.0 狩猟社会
  • Society2.0 農耕社会
  • Society3.0 工業社会
  • Society4.0 情報社会
  • Society5.0 超スマート社会

なぜ5.0という数字がついているのかは、これまでの暮らしの変貌内容からつけられています。

狩猟社会を「Society 1.0」、農耕社会を「2.0」、工業社会を「3.0」、情報社会を「4.0」と定義されているからです。現在は情報社会(4.0)です。

このSociety5.0は「第5期科学技術基本計画」(内閣府)で提唱されたもので、これからめざすべき未来社会のことを指しています。

また基本計画では超スマート社会についてこのように説明しています。

必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会のさまざまなニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の高いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、言語といったさまざまな違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会

Society 5.0で実現する社会は、IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことを目指します。

また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服することも目指しています。

最近ではAIなどが発達したことでコンビニなどでも無人店舗の実証実験などが始まったことは記憶に新しいです。

また畑や田んぼなどで使用する農耕機会なども遠隔で操作する技術開発が進んでいます。これによって農家の高齢化、後継者不足問題を解決できます。

つまりは1人1人が快適に過ごすことが出来る社会のことです。

これを実現するべく、たくさんの企業が取り組みを開始しています。

【参考サイト:内閣府 Society5.0

私たちの働き方を変えるDXとは

DXとはデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)のことです。

何をするものなのかというと、経済産業省では以下のように定義をしています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

DXは企業におけるビジネスのあり方をガラッと変えてしまうようなことを言います。

  • これまでになかった製品・サービスやビジネスモデルを作る
  • コスト削減・時間短縮、生産性の向上

これらの2つを軸に従業員の働き方、企業のあり方にも変革を与える可能性があるとされているのがDXです。

特に今回のコロナ禍によって大きく発展しました。リモートワークが推進され、企業の中にはほとんどの従業員を在宅でのリモートワークに切り替えるなどしているところも出てきました。

企業においてはこれからますますデジタル化の推進を行い、新たなサービスやビジネスモデルの創出を行う必要性が高まってきます。これからDXによって大転換を迎えることにあると思います。

理想を語るだけでは難しい現状

このSociety5.0とDXにおいてキーワードとなるのがIoTAIビッグデータ、さらには5Gです。

IoTとは「モノのインターネット」のことです。最近ではスマートスピーカーやスマートホームなどのようにスマート◯◯といった家電が増えました。

私たちの生活を便利するために、急速に進んできる技術の1つです。

またビッグデータやAIなども私たちの生活の中に徐々に浸透しつつあります。これらの技術はますます進化してくるでしょう。

5Gは「高速大容量」「高信頼・低遅延通信」「多数同時接続」の技術を活かして、社会に大きな影響を与えるとされています。

これらの技術革新が進み続ける限り私たちの暮らしもどんどんと変貌していきそうなものですが、そうもいかないようです。

これらの最新の技術を駆使しながらDXを進める必要があります。

多くの企業では人材不足や現存のデータ管理・システムがブラックボックス化しているなどの問題が多くあり、新しくDXを考えるための時間・人もないというのがほとんどの企業の現実のようです。

DXに注力できないこうした企業は今後、社会から失墜する可能性が高いとまでDXレポートでは言われています。

また日本の2019年世界デジタル競争力ランキングIMD(国際経営開発研究所)では23位となっていて、世界的に遅れをとっていることが分かっています。

【詳しくは:DXレポート 経済産業省

政府が進めるSociety5.0やDXの推進に向けて各企業がいかに参入していくことができるか、また先取りをしていけるかが特に重要となってきます。

そしてこれは国をあげて取り組まねばならないものでもあるのです。一社だけで取り組むのではなく、多くのステークホルダーが集まり、エコシステムをまわしていけるよう協力しながら関わるべきでしょう。

それにしてもアメリカのGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)はすごいですよね・・・これからもDXが進む中でどんどん力をつけていきそう。それを追従する中国。日本の戦略は大丈夫でしょうか。

さいごに

コロナウィルスの感染拡大により多くの人が同時多発的にリモートワークを経験しました。

このことで企業もリモートワークの可能性を感じたこともあるでしょう。

Society5.0(超スマート社会)では私たちの暮らしや仕事・働き方は大きく変わるかもしれません。

自分たちの暮らし、そして子供たちの暮らしをより良くするとはどういうことなのか一人一人が真剣に考えていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA