はじめに

World Happiness Report 2020

3月20日は国連が定めた国際幸福Dayです。ご存知でない方も多いでしょう。

今回は今年の世界幸福度ランキングの結果をまとめました。

日本は62位?世界の国々の順位は?

世界の中で日本の幸福度ランキングは徐々に低下していて、今年2020年は62位(2019年は58位)となる結果でした。これは過去最低です。

上位トップ5を見てみましょう。1位はフィンランドで、これで首位は3年連続となりました。

1位 フィンランド

2位 デンマーク

3位 スイス

4位 アイスランド

5位 ノルウェー

日本と関わりの深い先進国はどのようになっているのでしょうか?例えばG7では上からカナダ11位、英国13位、ドイツ17位、アメリカ18位、フランス24位、イタリア30位となっています。

その他、近隣のアジア圏では韓国61位、中国94位、台湾25位などのようになっています。

近隣諸国もあまり幸福度は高くないようです。

またこのような国別のランキングだけでなく世界幸福度を都市レベルでも調査をしていますが、これもまたフィンランドのヘルシンキという結果になっています。

上位にランクインするのはいつも同じような国

世界幸福度ランキングでいつも上位にランクインしている国は決まっています。

いつも上位にラインクインしている国はデンマーク、スイス、ノルウェー、フィンランドなどです。ヨーロッパ、主に北欧に集中していることがわかります。

世界幸福度ランキングを決める指標には「国内総生産(GDP)」、「社会支援(Social Support)」、「健康寿命(heaithy life expctancy)」、「社会的自由(freedom to make life choices)」、「寛容さ(Generosity)」、「汚職の有無・頻度(Perceptions of corruption)」、「ディストピア(人生評価/主観満足度)」などがあります。

これらを元に国別に幸福度のランキングを決めています。

日本がこのような結果になった理由として、特に低い評価を受けたのは社会的自由と寛容さだったようです。また人生評価/主観満足度が非常に低い結果となっています。これは何となく当てはまるような気がします。

さいごに

世界の国々の幸福度がランキングで出されるようになって何年にもなりますが、日本の順位は上がるどころか下がり続ける一方です。

仕事や年収、子育てや介護、老後の生活のことなど不安を感じることが確かに多い世の中です。物はたくさん溢れ、いつでもどこでも美味しい食事が手に入るようになり、安くでお洒落をすることが出来るようになりました。オーバーに言えば戦前・戦後のように衣食住に困るようなことはなくなり、生活の質が大幅に改善されています。

しかしながら日本国民がなかなか本当の意味で幸福になれないのはこういった衣食住の問題ではなくて、「心の健康」の方にあるように感じます。今の生活に満足をしているか、未来に希望がもてるか、誰かと幸せな時間を共有できているかなどの部分をもっと追求していく必要があると思います。

【参考ページ】https://worldhappiness.report/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA